葬儀場で受付する時にも言葉かけを

葬儀に参列する時、まず最初に訪れる場所が受付です。会社関係の方や親族、友人、知人という風に受付が別れているので、自分が所属している受付に香典を持って記帳を済ませましょう。この時、受付に立っている方は、会社関係の場合は主に会社の社員が多く、親戚や友人、知人のところには親族が受付として立っている事が多いでしょう。

香典を渡すときにも、お悔やみの言葉をかけて渡すのが一般的です。マナーとしては一礼してから、このたびはお悔やみ申し上げます、と言って受付に香典を渡します。その後葬儀場へ移動して葬儀の開始を待つようにしましょう。この時、知り合いに会う事もありますが、葬儀場で大声で話すのは絶対にタブーです。なるべく私語をつつしむ事が鉄則です。また、香典は通夜と告別式に参列する場合、どちらに持っていくのか、両方に持っていくのかという疑問がこの時出てきます。同じ事が続かないようにという意味でも、両方に参列する場合は通夜の席に香典を持参して告別式では記帳のみにしましょう。

葬儀などの不幸な出来事の時は、何度か参列した経験があっても慣れないのが正直な気持ちではないでしょうか。大人として気の利いた言葉でもかけなければと考えて墓穴を掘ってしまったということもあります。いつも使い慣れない言葉をある時突然使おうと思っても中々使いこなせないのは当たり前の事です。あまり気負ってしまうと、参列するだけでも嫌になってしまうという人も少なくありません。必要最低限のマナーを守って言葉をかける事を意識していれば自然と言葉が出てくるものです。多くの言葉をかけようと思わずに、マナー違反にならない事だけを注意してお悔やみの言葉を選ぶようにしましょう。