葬儀の場での安易な発言はNG

葬儀に参加する場合、案内をもらってから参列の日を迎えるまでに香典や服装の準備、葬儀でのマナーの確認など、色々と心の準備をしておく人も多いのではないでしょうか。しかし、実際に葬儀に参列した時に困ったという話を耳にするのが、遺族の方になんて声をかけていいのか分からないという話です。

不幸な出来事は何度もあるわけではありませんが、参列する事が多い人でも、何度参列しても正解が見つからないのがお悔やみの言葉です。大切な人を亡くした遺族の悲しみを考えると、言葉をいくつ並べても癒やされるものではありませんが、特に注意したいのが安易な励ましなどです。がんばって、しっかりしないとだめよ、など、悲しみに暮れている時にこのような言葉をかけられると遺族は傷ついてしまうものです。葬儀に参列した時に遺族の方へかける言葉は、励ましや慰めという気持ちで行うのではなく、悲しい気持ちに寄り添う言葉が大切です。遺族の気持ちを考え、言葉を選びながらその気持ちに寄り添ってあげる事が大切です。

難しい言葉やかっこいい言葉ではなく、悲しんでいる人や苦しんでいる人には寄り添いの言葉が何より大切で、相手にもしっかりと伝わります。上手に話をする必要はないので、相手の気持ちを汲みながら一緒に悲しむ事を頭に入れておくと自然と出てきた言葉が相手にも必ず伝わるものです。大切なことは心からの言葉ということを意識して発言することです。少し下手な言葉になってしまってもその気持ちは必ず相手に届くはずです。