葬儀でタブーな話題とは

葬儀に参列する際、遺族の方と話をするときに何を話していいのか分からず常に避けているという人も多いのではないでしょうか。実際に、挨拶するときにはこのたびは突然の事でお悔やみ申し上げますなど、完結にお悔やみの言葉をかける事はできても、その後の話題に困ってしまうケースがあります。この場合、焦ってしまって死因などを聞いてしまう事は絶対にタブーです。遺族の方にとっては話しづらい事であったり、まだ傷が癒えていない時に話題を振られた事でさらに悲しみが深くなってしまいます。

何気なく聞いてしまったという人もいると思いますが、遺族の方の心情を考えると決してだしてはいけない話題のため、どんなに会話に困っても死因はタブーと自分の中で確認して葬儀に参列するようにしましょう。ではどのような話をすればいいのでしょうか。この場合、生前親しくしていた時の故人の話などを遺族の方にしてあげる事で喜ばれる事もあります。また、お世話になった場合は、エピソードと合わせて遺族の方にもお礼を伝えると一緒に悲しみながら気持ちに寄り添う事ができるでしょう。

遺族の方に話しかける時の心構えは、まずはしっかりと相手の話に耳をかたむけて寄り添う事です。また通夜の席などは翌日の告別式の準備などで慌ただしい事もあるため、あまり長居をしたり遺族の方を引き留めるような事はしないように配慮しましょう。遺族の方への言葉で詰まってしまう場合は、一緒に参列した年長者の方にお願いして話を進めてもらうのもひとつの方法でしょう。