葬儀での挨拶、忌み言葉とは

葬儀に参列する時は服装や持ち物に配慮する事はもちろんですが、葬儀の場での振る舞いは特に重要になってきます。一人の大人として参加している以上、遺族の方に配慮をする事は当然であり、挨拶もしっかりとできるように準備をしておきたいものです。

葬儀に参列した時にかける言葉で特に注意したいのが忌み言葉です。忌み言葉とは葬儀の時などはもちろん結婚式などでも使用するとあまり良くない、使ってはいけないと昔から言われている言葉です。日本で昔から考えられているもので言霊という考え方があります。言葉に特別な力があるという意味で使われており、不吉な言葉を使うと不幸な事が起こると言われ、不吉な事や不幸が続く事をイメージさせる言葉は避ける傾向があるのです。葬儀で主に使用してはいけない言葉は、不吉な事を連想させる、消える、大変、落ちるなどです。重ね言葉の、重ね重ね、いよいよ、度々などだけでなく、不幸が続くように感じる、再び、追ってなどの言葉も使用が避けられています。また、生死について直接的に連想させる言葉も避け、亡くなる、逝去などと言葉を変えて使う事が大切です。

忌み言葉と言われても、日常的に使用している言葉が多いため、気にせずに口からつい出てしまいそうな言葉ばかりです。そう考えても、葬儀に参列した時には意識して避けるように気を使って言葉をかける事が大切です。また、遺族の方と話をするときも自分と故人との関係をしっかりと伝えるなど、生前の親交を簡潔に説明する事で遺族の方も今まで知らなかった姿を垣間見る事ができ、悲しみを癒やす手助けになります。